×

Q&A -ご質問-

- 残業代について

残業代は、基本給や営業手当等を合算した月給に基づいて計算されます。
ただし、単純に月給を労働時間で割って1時間あたりの給与を求めれば良いというわけではありません。

残業のうち、1日の法定労働時間である8時間を超えた分に関しては、割増賃金が支払われます。
また、22時を超える残業については、深夜残業となり、さらに残業代が割増となるのです。
残業代不払い問題の解決のためには、まず、正しい残業代を把握し、いくら請求する権利があるのかを知ることが大切です。

  • シミュレーションをする

用語解説一覧に戻る

その場で解決!士業に聞くみんなのQ&A
建設業許可申請は、牧江行政書士事務所
相続税シミュレーション【松下欣史税理士事務所】
西宮の相続手続きはお任せください【西中総合事務所】
エム・アンド・エム税理士法人 / エム・アンド・エムパートナーズ株式会社
山下会計事務所
西田・真鍋法律事務所
開業支援や資金調達ならお任せください【倉知税理士事務所】

お題一覧へ

Two Selections -ザ・二択- 一般の方からの質問に士業者がYES・NOで回答

男性からの質問

アパホテルは正しい歴史を伝えた、中国・韓国の抗議は不適切だ。
  • Yes55%
  • No44%
アパさん 40歳
からの投稿

女性からの質問

介護や看護職員に外国人の実習生を入れることに賛成ですか。
  • Yes65%
  • No34%
ヘルパーさん 57歳
からの投稿
あなたの質問を35文字以内で
お送り下さい
男性の方はコチラ
女性の方はコチラ

ザ・二択一覧へ

Topics -トピックス-
夫が入院してわかった確定申告のこと

去年、夫が胃の腫瘍で入院しました。 その前からの通院費などもかさみ、医療費はあっという間に数十万円にもなりました。 幸い、高額療養費制度で戻ってきた分もあったのですが、それでも年間の合計額は優に1…

トピックス一覧へ

Commentary -用語解説-

用語解説一覧へ

PAGE TOP