×

遺言書

遺言は、故人の遺志を伝えるものですが、ただ手紙として残すだけでは、残念ながら法的な効力はありません。
遺言を正しく実行してもらうためには、きちんとした形式に則って作成する必要があります。
遺言にはいくつかの作成方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ご自身の置かれた状況や家族環境によっても最適な方法は変わってきますから、正式に遺言を遺したいという方は事前にプロに相談をすることをお勧めします。

並び替え:

その場で解決!士業に聞くみんなのQ&A
建設業許可申請は、牧江行政書士事務所
相続税シミュレーション【松下欣史税理士事務所】
西宮の相続手続きはお任せください【西中総合事務所】
エム・アンド・エム税理士法人 / エム・アンド・エムパートナーズ株式会社
山下会計事務所
西田・真鍋法律事務所
開業支援や資金調達ならお任せください【倉知税理士事務所】

お題一覧へ

Two Selections -ザ・二択- 一般の方からの質問に士業者がYES・NOで回答

男性からの質問

アパホテルは正しい歴史を伝えた、中国・韓国の抗議は不適切だ。
  • Yes63%
  • No36%
アパさん 40歳
からの投稿

女性からの質問

介護や看護職員に外国人の実習生を入れることに賛成ですか。
  • Yes67%
  • No32%
ヘルパーさん 57歳
からの投稿
あなたの質問を35文字以内で
お送り下さい
男性の方はコチラ
女性の方はコチラ

ザ・二択一覧へ

Topics -トピックス-
夫が入院してわかった確定申告のこと

去年、夫が胃の腫瘍で入院しました。 その前からの通院費などもかさみ、医療費はあっという間に数十万円にもなりました。 幸い、高額療養費制度で戻ってきた分もあったのですが、それでも年間の合計額は優に1…

トピックス一覧へ

Commentary -用語解説-

用語解説一覧へ

PAGE TOP